診療案内

〇・・・板橋秀雄院長による診療
△・・・板橋佳恵先生(小児科)による診察
■・・・高橋輝美先生(内科)による診察

〇 糖尿病内科

当院は糖尿病の診療に力をいれています。糖尿病は近年の生活習慣と社会環境の変化に伴って、患者さまの数がますます増加しています。一方、初期には自覚症状がなく、気がつくのが難しい病気ですので、地域や職場の検診で異常が指摘された時には、すぐに詳しい検査をうけることが重要です。当院では、日本糖尿病学会認定・糖尿病専門医の資格を持つ院長が、運動療法と食事療法を基本に治療をおこなっています。良好なコントロールが得られない時は、薬物治療、インスリン療法と進めています。必要に応じ、ご希望の方には糖尿病療法指導士が相談に応じています。また、患者さまの食生活の改善のために、月に一度、管理栄養士による「糖尿病栄養教室」を開催しています。

〇 リウマチ科

リウマチは、免疫が過度に働くことで自らの身体を攻撃してしまい、手や足の関節に炎症がおきて痛みが生じる病気です。30代から50代の女性に比較的多くみられます。一般の方には知られていませんが、たばこを吸う方、あるいは歯周炎がおきやすい方がこの病気になりやすいと言われています。院長が日本リウマチ学会認定・リウマチ専門医の資格を有することから、当院はこの病気の診療に特化しています。患者さまの多くは、手の痛みやこわばりで来院されますが、治療では、メトトレキサート錠の処方を中心に、必要に応じて、他の免疫抑制剤や生物製剤の注射薬を併用して改善を図ってまいります。

△ 小児科

毎週火曜日は小児科の診療をおこなっています。15歳以下のお子さまを対象とし、風邪などの感染症をはじめとする様々な病気を診察いたします。小児科の女性医師、板橋佳恵先生(非常勤)が担当しています。またインフルエンザなどの各種予防接種にも対応し、院内でお待たせすることがないように予約制で承っています。その他、検診もおこなっていますので、必要の際はご相談ください。なお火曜日は二診体制をとり、小児科だけでなく、院長による糖尿病内科・リウマチ科も通常どおり診察しています。

☐ 内科

毎週水曜日の午前は内科の診療をおこなっています。内科では風邪やインフルエンザなどの感染症から、糖尿病、高血圧症や脂質異常症などの生活習慣病まで広く診察に応じます。担当は内科が専門の高橋輝美先生(非常勤)です。女性医師が対応しますので、女性の患者さまにも受診しやすいかと思われます。なお水曜日は、院長が担当するリウマチ科は休診日となります。